VOICES

この土の器をも―poster
この土の器をも―チラシ

本当にお疲れさまでした!! 素晴らしかったです!! まいこがこれまで どう生きてきたか、どんなことを想い感じやってきたのか そんな私の知らないまいこの生き様 姿勢をみせていただきました。

とても驚いたし、感動しました。素晴らしい姿をみせてくれてありがとう!!
まいこは、演劇を愛しているし、戦っているし、没頭してる。 素晴らしいことです。 この作品は、これからまいこのライフワークになればいいね!!
もっともっと進化できる。 ありがとう!!

女優Y.E

まいちゃん、本当によくがんばったね!あの止まない拍手が私をふくめ、みんなの気持ちですよ!一人芝居、素晴らしかった!三浦夫妻のあり方に素直に感動出来ました。本当に女優として大きく成長しましたね。

ナレーター 中村啓子

舞台を見て、旦那をもっと大事に想おうと思いました。一緒に、側にいるのが当たり前と思ってしまうけど、そうじゃないんだよね。老若男女問わず、幅広いファンの方が居るのは素晴らしい事です!

主婦 中澤茜

とってもいい舞台でした!愛が溢れてて、とても素晴らしい空気に触れられましたー!ありがとう。後ろからみてるとね、まいこの愛と、観てる人の愛も感じられてとてもよかった。ほなほなhug!!

女優 橋本紗也加

若かりし日の三浦綾子さんが生き生きと目の前に現れます。キャストは須貝まい子さんお一人ですが、実は、夫であるキム・セジュンさんの芸術性あふれる映像と絶妙のコラボレーションをしています。脚本・演出のイ・ジミさんもすばらしい。そして主役であるまい子さんを通して描かれている三浦綾子さん(と光世さん)のフィクションでないリアリティあるクリスチャンとしての日常に胸打たれました。ミュージカルも含めると、最近芝居もけっこう見てますが、正直、”バリモア”やトニー賞のミュージカル”Once ダブリンの街角で”よりも感動しました!もちろん知り合いの役者ということ、三浦綾子の舞台ということもあるので主観が入るのは否定できませんが、まい子さんの迫真の演技とそれをさらに生かす映像とのCollaborationが絶妙でした。

医師 佐伯俊一

まい子を始めスタッフ全員の愛が溢れる舞台だなって思ったよ。それは三浦ご夫妻へであったりお互いへのであったりだと思うけど、温かさを感じました。

女優 小倉亜美

素晴らしい公演は本当に一生忘れられないことでございましょう。

株)ネイルラボ名誉会長

目の前で三浦綾子さん、その人が生身で笑ったり、怒ったり、嘆いたりしている!私はまるで隣に住んでいる小さな女の子になって綾子小母さんを見ている気がしました。

会社役員・ゴスペルクワイア 荒井寿実

もう、すごく良かったです。演出もすごく面白くて、映像とのコラボすごく斬新でした。何より、あれだけの空間をまん丸と丸め込んでしまうまいこさんのエネルギーがすごくすごく心にきました。まいこさん、はまり役ですね!

女優M

一人舞台に挑戦することもやり遂げることもほんと尊敬ですわ。作家に対して…とか伝えたいもの…とか、そういうものが明確じゃないととてもじゃないけど出来ないってマイコさん見てて感じた!臭くなっちゃうけど、夫婦の深い愛情と信頼に心で触れられた感覚っす。最後の光世さんの表情、思い出すだけで泣いちゃう。
それにあの表情が物語の真実さを直にだしてたなあと。

俳優T

ともかく新鮮で美しく、笑ったり、何だか冬ソナを連想したりあっという間の時間でした。特に氷点が入選するという確信が、踊る光世さんで表現されたのには脱帽です。あのシーンで天からの光を見ました‼
そして須貝さん、本当におきれいで、生き生きされていますね。綾子さんはこんなふうに天真爛漫チャーミングな方だったんだと、非常に納得しました。再演はもちろん、映像化も夢見てしまいます。

N.I

映画「石井のおとうさんありがとう」の上映会の時に初めて知り、今回の一人芝居で2回目でした。チラシも本格的で良かったです。
素晴らしい迫真の演技はあっという間に終わってしまいましたが、あそこまで行き着くまでに、多くの準備とお祈りがあったのだと思います。本当にありがとうございました。今後のご活躍もお祈りしています。

H.T